PVアクセスランキング にほんブログ村

打ち身を早く治すにはアイシングするべきだった

打撲は"患部を伸ばしながら"が効果的!知っているようで知らない正しいアイシング5つの手順 | サカイク

ガンっ!
イッテー😵

って、あるあるなのに、
そのうち治るやって、
いつも打ち身って、放置しがちじゃないでしょうか。

今回、右手首の小指側のこぶのところをやりました。

そしてはじめて打ち身、治し方をググったかもしれない。

掃除とブログをやりたい気持ちがいっぱいでなかったら、まただらだら一週間くらい、手首打って痛い😵💥なにもできない的なことにしていたと思います。

調べると、

1.とにかくアイシング
2.幹部を心臓より高くして安静
3.シャワーで風呂入らん
4.圧迫

が、ゴツンして3日くらいの対処

4日目以降、暖める、という処置のようです。

スポーツ部活経験あると常識みたいですね。

確かに、友達が階段落ちて、手痛いときにずっとアイシングして、痛い痛いって騒いでたなあ、と。

今回、右手首だったから気になってるけど、ちょっと足ぶつけたりしても、ほっときがちですよね。

子供は騒ぐけど、大人って、痛いとか、気使わせたくなくて静かにしてます。
ぶつけたくらいだしって。

みなさま、ぶつけないように気をつけて強く生きていきましょう。