PVアクセスランキング にほんブログ村

乾布摩擦を生活習慣に取り入れるミニマリズム [節約系ミニマリスト0.5]を読んで、乾布摩擦について調べた。めちゃくちゃイイ!!


乾布摩擦を生活習慣に取り入れるミニマリズム - 節約系ミニマリスト0.5

ゆるてんさんが乾布摩擦を始めた。
乾布摩擦か~。
思いもしなかったな~。
お灸とか、結構ババくさい古くからの民間療法とか、私結構好きなのよね。


病気が逃げる!手軽で簡単「乾布摩擦」の健康効果が凄すぎる - NAVER まとめ

効果① 寒さに強くなる

皮膚表面への血液循環が良くなるので、寒さに強くなります。

効果② 風邪や喘息の予防

肌の免疫や自律神経系が強くなるので、風邪や喘息などの病気に強くなります。

効果③ リラックス&安眠効果

効果④ 体臭改善にも効果あり

体臭を予防改善する効果が期待出来ます。
乾布摩擦で血行促進して、いい汗をかくことにより段々と改善されるようです。

効果⑤ 自律神経強化

皮膚表面には沢山の神経が張り巡らされています。その神経を刺激することにより、自律神経を強化することが出来ます。

効果⑥ 低血圧にも効果あり

低血圧により体がだるい、立ちくらみがする、やる気が起きないなどの不快症状を改善することも出来ます

効果⑦ 「しもやけ・関節痛」などにも効果的

特に寒い時期の関節の痛みや、動かしずらいという症状に効果を発揮します。

なんだと!!めちゃくちゃいいじゃん!
ゆるてんさんも言ってるけど、お金かかんないし!!

やり方を調べました。


こするだけで免疫力アップ! 乾布摩擦|特集|eo健康

f:id:gomiko53:20200114031950g:plain

洋服を着たまま体をこするだけ
1.まずは足の先から膝まで、手の先から肘までをこすります。左右各15回(往復)行います。
2.次にひざから足の付け根へ、手首から肩へとこすります。それぞれ左右各15回(往復)行います。
3.最後にお腹から胸へ向けて、背中はタオルをクロスさせてこすります。それぞれ15回(往復)行いましょう。


ぐっすりの敵・首のコリを乾布摩擦で撃退! | ねむりラボ

①タオルの両端を持って、首の後ろに当てる。
②左手を左斜め上/右手を右斜め上へ、交互に出してこする。速いスピードでササササッと軽く行なうのがコツ。

1分程度行うだけで、首のコリがスッキリ取れて血が通ってくるはず。
※肌の弱い方や、粗いタオルでの使用はしないでください。

ゆるてんさんの記事にもあったけど、アーユルヴェーダが起源とのことで、タオルじゃなくて手でこすっても効果があるそうで、まさにエステの手技を見てまねした感じだなーって思いました。
ゆるてんさんは裸でやるらしいけど、現代流行ってる方法は、服を着たまま、素手など、皮膚を傷つけない方法のようです。
確かに昔のおじいちゃんの乾布摩擦のイメージは寒々と裸で真っ赤になるまで擦っているイメージ。
ぜんぜん室内で良いそう。
最高な情報を得たな。
ゆるてんさん、いつもいい情報をありがとう!!!


応援🚩😃🚩よろしくお願いいたします✨
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村

Twitterやってまーす。